ページ上部へ

教育体制

看護部教育理念

看護専門職として自律した看護師を育成する。

教育目的

看護部の理念、目標に基づいた質の高い看護を実践するために、専門職としての能力開発および人間としての成長を目指し、社会に貢献できる人材を育成する。

教育目標

  • 1.理論と実践を統合し、個々のニーズに応じた質の高い看護が展開できる。
  • 2.専門職業人として、主体的にキャリア開発ができるように支援する。
  • 3.人間尊重の精神に基づき“心のケア”ができる豊かな人間性を養う。
  • 4.看護を探求する姿勢を持ち、実践を通して看護の専門性を高める。

キャリアアップ支援システム

  • 阿伎留キャリアラダー
  • マネジメントラダー
  • 看護補助者ラダー

研修

  • 院内研修(OFFJT・OJT)
  • 院内認定看護師制度 褥瘡ケア専任看護師養成研修
  • 院外研修(認定看護管理者研修・認定看護師取得研修・実習指導者研修・東京都看護協会研修・日本看護学会学術集会・その他多数)
  • eラーニング

阿伎留医療センター実践能力習得段階モデル

当センターでは、直接患者ケアにあたる看護職員に望む臨床看護実践力の基準として「看護師のクリニカルラダー(2016年日本看護協会版)」を導入するとともに、専門的自律能力(教育・研究・倫理・安全・経済性・リーダーシップ)をラダー別に表しています。

阿伎留医療センター実践能力習得段階モデル

阿伎留キャリアラダー

目的
看護実践能力および専門的自律能力を人事評価につなげ適切に評価し、専門職としての資質向上と看護サービスの質の保証を図る。
目標
  • 1.自己の実践能力やキャリア開発の指標にする。
  • 2.専門職業人としての発達を教育的に支援する。
  • 3.適正な配置の判断基準にする。

阿伎留キャリアラダーⅠ~Ⅴ・看護補助者研修の内容

ラダー 研修内容
  • 病院及び看護部の概要
  • 看護部教育計画
  • 看護記録
  • 看護必要度
  • 看護診断
  • 感染対策
  • 褥瘡予防
  • フィジカルアセスメント
  • 急変時の看護
  • 人工呼吸器
  • 輸液ポンプとシリンジポンプ
  • 静脈注射・採血
  • 輸血
  • 医薬品の使用
  • 退院支援
  • 化学療法
  • 多重課題
  • 人生最終段階における看護
  • ナラティブ
  • 身体拘束
  • コミュニケーション
  • 看護倫理
  • 急変になる前の予測
  • フィジカルアセスメント
  • レポート論文の書き方
  • 看護研究概論
  • 看護診断
  • 静脈注射ライセンス (化学療法)
  • コミュニケーション
  • リーダーシップⅠ・Ⅱ (リーダーシップ概論 問題解決)
  • がん看護 (ELNEC-J)
  • コミュニケーション
  • リーダーシップⅢ (マネジメント概論 問題解決)
  • 看護倫理
  • コミュニケーション
  • 組織マネジメント(問題解決)
  • コミュニケーション
看護補助者
  • 看護補助者の役割
  • 医療制度の概要
  • 看護倫理
  • 看護部教育計画
  • 医療安全
  • 感染対策
  • 褥瘡予防
  • 排泄ケア
  • 移乗
  • ポジショニング
  • 身体拘束
  • 口腔ケア
  • 食事介助
  • 認知症ケア
  • コミュニケーション (アサーション プリセプターシップ)

新人看護職員(ビーンズ)研修・・・阿伎留ビーンズ研修とは

看護師、社会人としてデビューしたての将来有望な新人看護師(ビーンズ)に、病院全体で「水をやり、栄養をあたえ、暖かい陽を浴びせ、時には厳しい風も与えることにより芽を出し立派な花を咲かせることができるように育て上げてゆく」という理想の元に命名しました。1人前の看護師として成長した後もしっかり阿伎留医療センターに根付くことを目指しています。
ビーンズ教育体制は、プリセプターシップと指導者としてジョブコーチを置き、部署全員でビーンズを育てていきます。
『阿伎留ビーンズ』臨床研修スケジュールを基に、OFFJTとOJTを実践・評価しながら、段階的に研修を進めていきます。