ページ上部へ

教育体制

看護部の教育理念

看護専門職として自律した看護師を育成する。

教育目的

看護部の理念、目標に基づいた質の高い看護を実践するために、専門職としての能力開発および人間としての成長を目指し、社会に貢献できる人材を育成する。

教育目標

  • 1. 理論と実践を統合し、個々のニーズに応じた質の高い看護が展開できる。
  • 2. 専門職業人として、主体的にキャリア開発ができるように支援する。
  • 3. 「人間尊重」の精神に基づき“心のケア”ができる豊かな人間性を養う。
  • 4. 看護を探求する姿勢を持ち、実践を通して看護の専門性を高める。

キャリアラダーシステム

目標
  • 1. 自己の実践能力やキャリア開発の指標にする。
  • 2. 専門職業人としての発達を教育的に支援する。
  • 3. 適正な人材活用の基準にする。

〈臨床実践能力習得段階モデル〉

臨床実践能力5つの柱
ステップⅠ
(新人)
ステップⅡ
(2~3年目)
ステップⅢ
(4~7年目)
ステップⅣ
(8年目以上)
看護実践能力 基準・手順に沿った実践 個別的看護実践 専門領域の看護実践 専門領域の役割モデル
マネジメント能力 メンバーとしての役割 単発的な場面でのリーダーシップ発揮 チームリーダーとしての役割発揮 部署全体のリーダーとしての役割発揮
人間関係能力 公務員・職業人としての自覚 規範的な行動がとれる 他者との有効な対人関係を築く 他職種との調整役を担う
教育・研究能力 院内研修・看護研修に参加 知識と実践の統合、新人指導 後輩・研修生の育成看護研究に取り組む 部署全体の目標達成に貢献研修の推進・応用
倫理的判断能力 倫理的問題に気づくことができる 倫理的問題に気づき問題提起ができる 倫理的問題に気づき対処ができる 倫理的問題を後輩へ指導できる

院内教育計画

研修名講師 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月




新人(ビーンズ)全職種




プリセプター医療安全担当
教育委員
リーダーシップⅠ
フォローアップ
教育委員




リーダーシップⅡ科長補佐
記録委員
臨床指導者外部講師
臨床指導委員




リーダーシップⅢ科長 科長補佐
師長
看護補助者各分野の
スペシャリスト








看護研究外部講師
主任
研修伝達院外研修受講者
看護診断外部講師
記録監査記録委員
褥瘡ケア外部講師
がん看護 基礎編緩和認定
がん看護認定
認知症ケア脳外科医師
認知症ケア専門士
退院支援MSW
退院支援委員

※ リーダーシップⅠ フォローアップ

新人研修

  • 教育体制の理念・コンセプト
阿伎留ビーンズプログラム
  • 目指す看護師像とは
  • 組織図

継続研修(ステップⅠ~Ⅳ・看護研究・キャリアアップ研修)

看護職員1人ひとりの成長のスピードやライフイベントを視野に入れながら、専門職としてステップアップできるように、その段階に応じた研修を受講し、能力開発と自己実現ができるような教育支援を行っています。
また、看護研究活動も活発に行い、毎年院内・院外学会で多数発表しています。
更に認定看護師や各委員会によるキャリアアップ研修や、各部署主催の基本的・専門的知識の学習会も活発に行われています。

看護補助者研修

看護補助者としての経験がある方も初心者の方も、安心して仕事ができるように、各分野のスペシャリストによる年間を通した研修を行っています。

転職をお考えの方へ

中途採用者1人に対しメンターを配置し、中途採用者支援プログラムに基づき、キャリアに見合った活躍の場と役割を見出すことが出来るようにスタッフ全員で支援しています。